LINEで送る
Pocket

インターネットではお前が犬だとは誰にもわかりゃしない

インターネットではお前が犬だとは誰にもわかりゃしない

この言葉はインターネットの匿名性に対する風刺画によるものです。

もともとはNew Yorkerという批評や風刺漫画、フィクション小説などを掲載するアメリカの雑誌に、「On the Internet, nobody knows you’re a dog」というタイトルで載ったものでした。(リンク先は英語wikipediaですが、興味があれば是非お読みください。)

1993年に発表されたこの作品は、現在ではことわざのような扱いになっており、wikitionaryにもことわざとして載っています。

 

この言葉、インターネットに関するメディア論のどの言葉よりも好きです。

インターネットの匿名性を皮肉ったこの言葉は、単純にインターネット上の書き込み・情報の真偽を意識させるだけではありません。

プライバシーや個人情報が叫ばれている現在、ありのままの自分としてインターネット利用することに対しても考えさせられます。

 

シンプルかつおもしろいこの風刺画をぜひ意識してみてください。

この記事を書いた人

岡坂 遼太おかさか・りょうた/理事長
新温泉町出身、在住。
大学進学で東京へ行き、理系の大学なのになぜかメディアアートや広告を勉強する。卒業後、帰ってきてNPO法人あっと但馬を立ち上げた。
ブログではネット活用をメインにアイデアの種や地域活性化の種をバラまき続けている。
趣味が多い。マウンテンバイクなどのアウトドアから陶磁器集めなどのインドアまで幅広いので、ブログのネタにしたいけど読者に求められていないので控えている。
LINEで送る
Pocket