LINEで送る
Pocket

テクネ 映像の教科書

あっと但馬は映像も作ります。

現在の制作のジャンルは主にショートドキュメンタリーですが、マシンスペックを必要としない範囲で様々なジャンルにチャレンジしたいと考えています。

 

様々なジャンル・映像表現にチャレンジするにあたって、既存作品は大きな参考になります。

最新の話題作品や踏襲すべき名作をガンガン観て、表現を取り入れることも大事です。

しかし、辞典や図鑑のようにジャンル分けしてあれば効率よく参考にできますし、体系的に勉強もしやすいかと思います。

 

その勉強がネットで出来ます。

TECHNE テクネ -映像の教科書-

元々はNHKのテレビ番組です。

ジャンルというよりは映像技法でまとまっています。

たとえば、連続的な写真を繋げてアニメーションにするストップモーションは初心者でも出来る代表的な技法ですし

実写映像をアニメーションに戻すという二度手間なロトスコープという技法などを紹介しています。

下の作品はロトスコープを使ったもので、佐藤雅彦+ユーフラテスが制作しました。佐藤雅彦+ユーフラテスはNHKの「ピタゴラスイッチ」「0655/2355」の制作者です。

実際に歩いている人の任意の部分の動きを抜き出し、簡素化した歩きのアニメーションとして表現しています。

 

 

 

 

また、テクネサイトでは各技法をいくつかの分野に分けて紹介しています。

テクネ・ワークスでは、一つの映像技法で作られた古今東西の名作映像を紹介しています。ハズレが無いので是非チェックです。

テクネ・トライでは、一つの映像技法を使って様々な作家に制作してもらっています。注目を集めている作家さんが新しい表現を遊んでいる感じで楽しいです。

みんなのテクネでは、紹介されている映像技法を使って、視聴者が制作し投稿した作品を公開しています。

 

 

映像制作に興味のある方、勉強したい方、何か表現したいけどアイデアが思い浮かばない方、、

テクネは非常に参考にできる企画です。是非ご活用してみてはどうでしょう

技法に沿って投稿してみるのもモチベーションupにいいかもしれませんね

この記事を書いた人

岡坂 遼太おかさか・りょうた/理事長
新温泉町出身、在住。
大学進学で東京へ行き、理系の大学なのになぜかメディアアートや広告を勉強する。卒業後、帰ってきてNPO法人あっと但馬を立ち上げた。
ブログではネット活用をメインにアイデアの種や地域活性化の種をバラまき続けている。
趣味が多い。マウンテンバイクなどのアウトドアから陶磁器集めなどのインドアまで幅広いので、ブログのネタにしたいけど読者に求められていないので控えている。
LINEで送る
Pocket

One thought on “映像技法を勉強するなら「テクネ-映像の教室-」

Comments are closed.