LINEで送る
Pocket

 

これまでの個人情報に関するお話は書籍「ニッポンの個人情報 「個人を特定する情報が個人情報である」と信じているすべての方へ」を参考にしてきました。

 

本エントリーでは情報プライバシー関連の記事のまとめとして、本書籍の主張をまとめていきたいと思います。

 

アウトライン

  1. 著者陣紹介
  2. 書籍概要
  3. プライバシーフリークの会の意義
  4. 個人に関する情報の3ポイント
  5. 私たちのプライバシーを脅かすもの
  6. 情報プライバシーを取り巻く時系列
  7. 今求められる視点とは
  8. まとめ

 

 

 


 

1.著者陣紹介

 

著者はプライバシーフリークの会の3名。

鈴木 正朝(すずき まさとも)

新潟大学法学部教授(情報法)。1962年生。中央大学大学院法学研究科修了、修士(法学)。情報セキュリティ大学院大学修了、博士(情報学)。政府のパーソナルデータに関する検討会委員、経済産業省の個人情報保護法ガイドライン委員会委員、厚生労働省の社会保障SWG委員等を務める。

 

高木 浩光(たかぎ ひろみつ)

独立行政法人産業技術総合研究所セキュアシステム研究部門主任研究員。1967年生。1994年名古屋工業大学大学院工学研究科博士後期課程修了、修士(工学)。通商産業省工業技術院電子技術総合研究所を経て、2001年より産業技術総合研究所。2005年情報セキュリティ研究センター主任研究員。2012年より現職。2013年7月より内閣官房情報セキュリティセンター(NISC:現 内閣サイバーセキュリティセンター)併任。コンピュータセキュリティに関する研究に従事。

 

山本 一郎(やまもと いちろう)

1973年東京生まれ、1996年、慶応義塾大学法学部政治学科卒。2000年、IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作を行なうイレギュラーズアンドパートナーズ株式会社を設立。ベンチャービジネスの設立や技術系企業の財務・資金調達など技術動向と金融市場に精通。著書に「ネットビジネスの終わり」「投資情報のカラクリ」など多数。

 

 

 

2.書籍概要

この本は上記3名による「プライバシーフリークカフェ」という検討会をまとめたものであります。

検討会ベースなので、会話形式で展開されており、上手にまとめてわかりやすく「個人情報とは何か」について説明している感じではないです。しかも分厚くて長い。(350ページくらい)

その代わり、リアルタイムな個人情報関連の各国や企業の取り扱いの話が出てくるので、個人情報界隈の様子が垣間見れて、それは興味深かったです笑

タイトルにもあるように「ニッポンの個人情報」というのがキーワードで、ニッポンと世界の認識の違いやニッポンのガラパゴスな法整備を危惧するような主旨でした。

ネット上にほぼ全文あります(元々この本はネット連載を書籍化しただけ)ので、興味があればご覧ください。→http://enterprisezine.jp/iti/detail/5752

 

 

 

3.プライバシーフリークの会の意義

情報化社会の中で、”本人に無断で”誰かに予測されない権利を守るのがプライバシーフリークの活動

(p11「まえがき」参照)

 

 

 

4.個人に関する情報の3ポイント

  1. 自分は何者であると思っているのか
  2. 自分について知られる情報のうち何を知られたくないか
  3. データを突き合わせらされた結果、誰かに類推され、そして正しいであろう自分の知らない自分に関する情報

(p10「まえがき」参照)

私たちが”個人情報”をどう捉えれば良いのかを教えてくれる3つのポイントです。詳しくは「個人情報とプライバシーの違い」をお読みください

 

 

 

5.私たちのプライバシーを脅かすもの

法律上の”個人情報”の解釈が狭いこと

−−− 法律上で定義されているものはほぼ”特定個人”に係わるもの。EUなどに比べて範囲が狭い。個人の尊重の理念と個人の権利利益の保護をして、プライバシー保護へ舵を切らなければならない。「個人情報とプライバシーの違い」参照

産業(企業)側の自由度が高いこと

−−− 法律の解釈が狭いことによって、”違法でない”程度のビジネスが十分に私たちの脅威となっている。企業側の倫理観を是正し、正しい法改正を行なう必要がある。「わたしたちの個人情報はどう流通してるの?そもそも流通するものなの?」参照

漏えい

−−− 情報セキュリティに関わる問題。技術的問題(代表例:ハッキング)と人的問題(代表例:社員による違法な取引)がある。

闇名簿屋

−−− 個人データを闇で売買する業者。名簿は迷惑メール業者や詐欺師などに大人気。

名寄せ

−−− 上記の「個人に関する情報の3ポイントの3」に関係する。本書でも特に知られるべき問題として挙げられている。「(遺伝的または統計的に〇〇という病気になりやすいので)保険に入りませんか?」といった自分でも知らなかった情報を含む広告が来れば気持ち悪い。

 

 

 

6.情報プライバシーを取り巻く時系列

ニッポンと世界の個人情報保護法

現在、個人情報保護法の改正を行なっている最中です。インターネットの普及からスノーデン事件を経て、プライバシー問題は大きな過渡期を迎えているといえるでしょう。

これまで「ニッポンの“個人情報”の範囲は狭い」と言ってきましたが、改正案のなかでパーソナルデータといく言葉を使い、事実上“個人情報”の定義を広げる動きが国として見られます。

現状ではまだEUに比べ人権保障よりも産業を優先している日本ですが、今後どう対応していくのか見ものです。

来年からはマイナンバーカードが導入されます。番号制のあらゆるリスクを想定して、国として、そして企業としても個人情報を改めて見直さなければなりません。

 

 

7.今求められる視点とは

  1. 憲法(人権保障)の視点
  2. 国際的調和の視点
  3. 技術的視点

(p361「あとがき」参照)

 

6.時系列でも話しましたが、日本は人権保障よりも産業を優先している現状があります。国民の権利を守る制度づくりを期待したい。

そして、ビッグデータ等により国を超えてデータマーケティングを行なっている時代に、他先進国と個人データの取り扱いが異なればビジネスに障害も出てくることが考えられます。

ハッキングなどの技術的視点も同様。ガラパゴスな対応ではなく、世界で足並みを揃えてしっかりと権利を守る技術を養っていく必要があります。

 

 

 

8.まとめ

情報プライバシーに関わるエントリーを5つ投稿しました。

情報プライバシーについて、気になる3つのニュース
情報プライバシーを考える5つの事件
個人情報とプライバシーの違い
わたしたちの個人情報はどう流通してるの?そもそも流通するものなの?
そして、本エントリー。

 

具体的な説明・解説を行なった「個人情報とプライバシーの違い」「わたしたちの個人情報はどう流通してるの?そもそも流通するものなの?」と本エントリーを読んだ上で、

事例を挙げた「情報プライバシーについて、気になる3つのニュース」「情報プライバシーを考える5つの事件」を読むと見え方が変わってきます。

この一連のエントリーを読んだ方は、今後見るであろう様々な個人情報関連ニュースに対し、一歩進んだ視点を持つことが出来るのではないでしょうか?

 

ただし、行動することは出来ない現実。。

個人でどうこうできるものではないので、問題意識を持つだけに留まります。

 

そんなわけで後日、番外編として「プライバシーの守り方」をやりますか。

 


 

小難しいエントリーをお読みいただきありがとうございました。

 

 

なるほど・面白いと思ったら、

「いいね!」や「シェア」をお願いしますm(_ _)m

↓↓↓

 

この記事を書いた人

岡坂 遼太おかさか・りょうた/理事長
新温泉町出身、在住。
大学進学で東京へ行き、理系の大学なのになぜかメディアアートや広告を勉強する。卒業後、帰ってきてNPO法人あっと但馬を立ち上げた。
ブログではネット活用をメインにアイデアの種や地域活性化の種をバラまき続けている。
趣味が多い。マウンテンバイクなどのアウトドアから陶磁器集めなどのインドアまで幅広いので、ブログのネタにしたいけど読者に求められていないので控えている。
LINEで送る
Pocket